牛肉の部位

牛肉の部位

① 国産カルビ/カルビ

主にバラ肉を使用することが多く脂のよく入った部位です。肩バラ・ともバラなどがあります。

② 和牛上カルビ/国産上カルビ

前バラの中でも肉質が上質な部分。三角バラと呼ばれています。
柔らかく、きめの細かい霜降りが特長です。

③ ロース

首に近い部分。お肉としては一般的な部分です。脂の濃厚な旨みがあります。

④ 上ロース

肩からももまでの部分。柔らかく、細やかな霜降りが特長です。

牛の内臓の部位

牛の内臓の部位

① タン

牛の舌です。先よりも根元の方が脂が多く、おいしいとされています。
タンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、脂肪も多めです。

② ミノ

牛の第一胃袋です。肉厚で純白に近い白色です。
歯ごたえがあり切り開いた形が蓑傘に似ていることからミノと呼ばれます。別名シロと呼ばれています。
カルシウムが豊富です。

③ ハツ

牛の心臓部分。ビタミン・鉄分が豊富で新陳代謝を助けてくれる。
コリコリとした歯ざわりで癖がなく淡白な風味です。

④ レバー

牛の肝臓部分。赤身が強く食感も滑らか。鉄分・ビタミンが豊富で貧血やお肌に良いです。

⑤ せんまい

牛の第3胃袋。カルシウムが多く、低脂肪で歯ざわりが良い。

⑥ ハラミ

横隔膜の周りの肉。赤身にみられがちですが、内臓肉なのでローカロリーでロースなどに比べてサシが少なくヘルシーです。

⑦ ホルモン

牛の小腸部分です。脂がたっぷりついて、身が薄く内臓肉の代表的なものです。
ビタミンや亜鉛などが豊富です。

⑧ テッチャン(大腸)

牛の大腸。ホルモンより脂が少なく噛めば噛むほど味がでる。
栄養のバランスを整えるナトリウムが豊富。

豚・鶏の部位

豚カルビ

豚のバラの部分です。赤身と脂身が層状になっているのが特長です。
牛に比べカロリーが少なくヘルシーです。

豚ロース

豚の背中の部分です。赤身が多く、脂が網状に混ざっているのが特長で、味は濃厚です。
しゃぶしゃぶなどにもよく使用される部分です。

とんトロ

豚の肩部分についている首の肉です。1頭からわずかしか取れない希少部位です。
トロのような脂ののり具合で、さっぱりとした味わいです。別名ピートロとも呼ばれます。

かしわ

一般的な鶏肉で、赤身でコクのある味が楽しめます。ヘルシーで子供にも人気です。

焼肉どんどん亭倉敷加須山店
焼肉どんどん亭倉敷中島店
焼肉どんどん亭倉敷下庄店
焼肉どんどん亭倉敷北畝店
焼肉どんどん亭新倉敷店
焼肉どんどん亭岡山江崎店
焼肉どんどん亭総社店
焼肉どんどん亭福山蔵王店
焼肉どんどん亭福山松永店